ブラウザを使わずに応答コードを調べる方法

20/10/12

投稿者:DICTUX

新入社員の立原です。

本日はLinuxを用いて、ブラウザを使わずに応答コードを調べる方法をご紹介します。

コマンドは下記を使用します。

# curl –head -u abc:123 -sL -k ブラウザのURL

それぞれの意味はこちらです。

–head:ヘッダのみの表示

-u:基本認証がかかっている場合(ユーザ名:パスワード)

-sL:リダイレクトがかかっている場合に遷移して追跡する

-k:オレオレ証明書での警告を無視する(テスト環境の場合などはこれを指定して動作を強制的に表示)

次に表示される情報について解説します。

HTTP/2 200

200コードは、正常表示(インデックスファイルがないなど)になります。

HTTP/1.1 301 Moved Permanently

301コードは恒久的なリダイレクト(他の場所に移転、常時SSLなど)になります。

HTTP/1.1 302 Found

302コードは、一時的なリダイレクト(他の場所に移転、常時SSLなど)になります。

HTTP/1.1 401 Unauthorized

403コードは警告表示(インデックスファイルがない、IPアドレス制限など)になります。

HTTP/1.1 500 Internal Server Error

500コードは内部サーバーエラー(.htaccessなどの構文やサーバー設定が間違っている)になります。




pページの先頭へ